知っておこう!ハングルのこと

韓国及び朝鮮語を表す文字が「ハングル」です。李氏朝鮮4代王・世宗(セジョン)によって1443年に制定され、幾度か変わりながらも、今も韓国や北朝鮮の人々に使われています。

ハングルの歴史

ハングルが定まるまでは、朝鮮半島には独自の文字がなかったのです。なので、お隣中国の漢字を使って漢文を書くか、吏読(りとう)という、漢字を拝借してその音や内容をとって朝鮮半島の言葉を書いたりする方法を使っていました。とは言え、吏読は朝鮮半島の言葉をその音自体で記すことが困難で、漢字も数が多いため、普通の庶民が覚えるには大変だったのでした。

そういうわけで、朝鮮半島の言葉を正確に記せて、どんな人も簡単に学べる文字というものが、求められたのです。そして、世宗は学者たちに命じて、文字を作る研究をさせました。また、中国に使者を送って中国の学者の見解を目安にしました。多数の人の力と長いリサーチを積んだ末に、ハングルが1443年に出来あがったのです。

それでも、すぐに表には出さずに、宮廷内にハングル専門の役所を置いて、新たに作られた文字が本当に使えるものなのか、意見を求めたのでした。その後やっと3年後の1446年に「訓民正音」として、新たな文字であるハングルが公布されました。その時に、文字と同じ名の「訓民正音」という本が出されました。この本は、『例義』編、『解例』編という編で成っています。

世宗が文字を作った目的が書かれているのが『例義』で、文字を作るのに尽力した家臣たちが、文字の成り立ちや音の発音の仕方について述べているのが、『解例』です。1997年に、「訓民正音」は世界記録文化遺産に登録されています。また、「訓民正音」の『解例』編は1940年に安東という所で見つかるまで、それがあるということが、長い間付きとめられていませんでした。

そんなハングルも、皆がすぐに受け入れたわけではありませんでした。ずっと中国に服していたので、他の字を作ってはいけないのではないかと考えたのです。また、新しい文字を覚えることで、漢字を習おうとする人が減ることも心配したのです。それでも、世宗王はなんとかハングルの良さをわかってもらおうと書物を刊行したりと、努力をしたのでした。

ハングルは、そんな紆余曲折を経て、朝鮮民族の文字として浸透していったのです。

旅行で役立つ!?ハングル集

旅行に行くなら、もちろんその国の言葉を話せた方がいいですよね。韓国では英語も有効かもしれませんが、やはり韓国語が必須です。旅行でも役立つ簡単な韓国語を少し載せたいと思います。「こんにちは」は有名な「アンニョンハセヨ」ですね。「さようならは」は見送る場合は「アンニョンイ カセヨ」、自分が去る場合は「アンニョンイ ケセヨ」と言います。「私は〇〇です」と名乗る時は「チョヌン 〇〇 イェヨ」となります。

「ありがとうございます」は、丁寧な言い方だと「カムサハムニダ」と言います。「すみません」と話しかける時は、「チャムッカンマンニョ」となります。「私は日本人です」は「チョヌン イルボン サラミエヨ」。「部屋はありますか」は「パンイ イッソヨ?」です。「これはいくらですか?」は「イゴ オルマイェヨ」と言います。

世宗(セジョン)

1397年生まれで、1418年に即位した、李氏朝鮮第4代王です。ハングルを作ったばかりではなく、天文観測をする機器を作ったり、朝鮮通宝貨幣制を作り、農業や医療に関する書も多数書いています。それを印刷するための活版印刷術も発展させました。李朝で一番の名君とも言われています。国内の政治や文化において大きな功績を残しました。