行く前に用意するものは?気を付けることは?

服装はどうすればいいの?

まず、現地での服装に関してです。韓国は日本とさほど気候は変わりません。春は、3月辺りだとまだ寒いので、コートを用意した方がいいです。3月も下旬になると、朝晩は寒さが残るものの、段々と暖かくなってきます。羽織るジャケットなどがあるといいでしょう。夏は、6~7月は日本と同じく梅雨の時期になります。朝雨が降っていなくても、折り畳み傘があるといいでしょう。日本に比べて湿度は低いです。

秋は、10月頃から寒くなってきます。11月は寒いので厚いコートやセーターを用意しましょう。冬は、防寒備万端が望まれます。韓国は日本よりも寒いことがありますので、ヒートテックも重要ですね。手袋やマフラーも必要です。耳あてや帽子もあるといいです。

持ち物は?

まず必要なのはパスポートです。期限を確認しておきましょう。また、パスポートはコピーして旅行に持参するようにしましょう。この時パスポート自体と一緒にするのは紛失や盗難の観点から、控えましょう。万が一に備え、海外旅行保険にも加入しておくようにします。クレジットカードは、現地では市場などを除いて使えます。現金はソウルだと至るところで両替ができます。また、ガイドブック等も必要ですね。

もしお腹が痛くなった時などの為に、飲み慣れた薬も持参するようにしましょう。歯磨きセットも、ホテルによっては置いていない場合も予想されるので、用意しましょう。それと、日本とは電圧が違うので、日本製の電気製品を持参するなら、変圧器も必要となります。

韓国のマナーについて
 
韓国には、日本と違うマナーがあります。食事をする時は、食器を手に持ったり、食器にそのまま口を付けたりすることはいけません。ご飯やスープ類はスプーンで。おかずはお箸で頂きます。スプーンやお箸を置く時は、自分の右側に縦にして置くようにします。水を飲む時は、他の人に見えない様にグラス等を片手で覆うようにし、脇を向いて飲みます。目上の人が食べ始めたら自分も食べるようにしましょう。残すことは問題ありません。

観光に関しては、現地が準戦時体制下ということで、国の安全のために軍事施設や地下鉄の駅構内の写真を撮ってはいけないことになっています。観光客で賑わう寺院や博物館でも、撮影が許されない場所もあります。街の様子が見える高台から撮影するのも、駄目なのです。

韓国の治安はいいの?

韓国は、比較的治安は悪くありません。また、韓国の一般市民は言う程日本人を敵視したりしている人ばかりでもありません。とは言え、用心は必要です。夜に女性2人で出歩く事は細心の注意が必要となります。また、タクシーに乗る時も一般タクシーよりも高いですが、日本語が大丈夫な運転手も多い、模範タクシーという黒いタクシーが良いでしょう。深夜にタクシーに乗るのは避けたいです。メーターがちゃんと作動したかを確認することもお忘れなく。

お金はどうすればいいの?

旅行に必要なのは、やっぱりお金ですよね。韓国の通貨は、ウォンと言います。紙幣は1000~50000ウォンまで、硬貨は1~500ウォンまでがありますが、1と5ウォンはさほど流通していません。韓国に着いてからのお金に関しては、空港や銀行、両替所、ホテルなど様々なところで両替ができます。レートが良いのは街の両替所です。まず韓国の空港に降り立ったら、空港内の両替所で当面のお金を両替してもらうといいでしょう。

事前に、『国際キャッシュカード』を金融機関に発行してもらっていれば、韓国内の「PLUS」や「Cirrus」マークの付いたATMでお金を引き出すこともできます。

※旅行に行きたくてもお金がないと悩んでいる人必見!モビットならあっという間に申し込み完了です!